単純明快バイナリーオプション!


人気のある通貨



日本のFX投資家に最も人気のある通貨は、ドル/円です。これは、ドルが身近で情報も入手しやすいからです。

クロス円での取引は米ドル以外にもユーロ・ポンド等が行われていますが、スワップ狙いで豪ドルの取引が最も多く行われています。



giurere

豪ドル/円・豪ドル/米ドルの取引の大半は日本人投資家と言われています。そのため、世界経済では豪ドルが決して優位ではないのに、日本人の思惑だけで一人歩きしていることがあります。

これに気が付かないと思わぬ損をすることがあります。対策は、情報収集の範囲を広げて最新情報を適格に分別することです。


熱烈な支持を受けているXEMarkets




xnnxn初心者でも安心して利用できるFX業者を条件に業者を探してみると、必ずといっていいほど候補にあがってくるのがXEMarketsです。XMという屋号になってからはまだ日が浅いので、ピンとこない方も多いかもしれませんが、XEマーケットならどうでしょうか。日本向けサービス提供の実績も長く、たくさんの日本人トレーダーがXMをホームとしてFX取引に取り組んでいます。

XMが初心者を含めて多数のトレーダーから熱烈な支持を受けている理由の1つは、日本語のサポートが充実している、という点です。ランディングページになるメインサイトはもちろん日本語で表示されていますし、口座を開設してから相談料フリーで利用できるメール、チャット、電話によるサポートも全て日本語でok。語学力に自信がないから海外FX業者になかなかチャレンジできなかったという人も、XMなら全く躊躇することはありません。国内業者にもメリットはありますが、取引商品の多さや利益獲得の効率で考えれば、海外業者を初めから候補外にしてしまうのは非常にもったいないことだといっていいのです。

しかもXMは、海外業者同士で比べた場合でも、通貨ペアの取り扱い数は群を抜いています。その数はなんと50以上。誰でも知っていて、安定した推移をみせるUSドル/日本円などのメジャー通貨から、変動が大きくリスクは大きいものの、うまく相場を読みこなせば大きな利益のチャンスがあるマイナー通貨まで取り扱っています。

そのため、初心者の時に日本語サポート目当てでXMを利用しはじめたトレーダーが、いろいろな取引にチャレンジしたくなるアドバンスドトレーダーに成長したあとでも、XMを引き続き使っているケースが多いわけです。ちなみに通貨ペア以外にも、商品先物や株価指数、原油による取引も可能な点も見逃せません。資金に余裕がでてきた頃をみはからって、自分なりにさまざまな商品に投資することによって分散投資にトライしてみるのもおすすめです。

また、取引プラットフォームもオンライントレーダーにとっては命綱ともいえる部分です。こちらは、もはやグローバル・スタンダードになっているメタトレーダー4をXMでは採用しています。しかも、PCにインストールして使うダウンロード型のものだけでなく、スマートフォンやタブレットで使用できるバージョンや、ネット環境さえあればすぐに使えるウェブブラウザツール、ブートキャンプ不要で使えるMac対応メタトレーダー4など、ほぼ全てのトレーダーの環境に適応したバージョンを提供しています。Windowsでしか利用できないFX業者が多数の現状をふまえると、Macユーザーには特にアドバンテージがあるといえるのではないでしょうか。

FXではスプレッドの狭さが重要条件とされていますが、そこだけに注目していると、システムの脆弱さや取引の不透明さに、あとから後悔することにもなりかねません。XMでは約定拒否なし、つまり約定率100%を約束している数少ない業者のうちの1つです。トラフィックが異常に増加する指標発表時等には例外も出るようですが、企業努力により、できる限りスムーズな取引を続行するという姿勢を示してもいます。また、意外と知られていないことですが、大口の取引にも電話によって利用を受け付けています。トレードの規模によって口座タイプが選べるのも、手数料等の無駄が生じずコストカットの役に立ちます。