単純明快バイナリーオプション!


人気のある通貨



日本のFX投資家に最も人気のある通貨は、ドル/円です。これは、ドルが身近で情報も入手しやすいからです。

クロス円での取引は米ドル以外にもユーロ・ポンド等が行われていますが、スワップ狙いで豪ドルの取引が最も多く行われています。



giurere

豪ドル/円・豪ドル/米ドルの取引の大半は日本人投資家と言われています。そのため、世界経済では豪ドルが決して優位ではないのに、日本人の思惑だけで一人歩きしていることがあります。

これに気が付かないと思わぬ損をすることがあります。対策は、情報収集の範囲を広げて最新情報を適格に分別することです。


ThinkForexのボーナスオファーについて




kdd海外の業者をつかってトレードをしている人も増えています。こういった中で、注目してみたい業者としてThinkForexを上げる方がけっこういます。

このThinkForexはオーストラリアの業者ですが、もともとは、ニュージランドに拠点をおいている業者でした。最近その本社をオーストラリアへ移転させたのですが、これによって、さらに、ThinkForexのサービス面でのメリットが向上すると期待されています。

ThinkForexでは、ボーナスの設定があります。これを活用したくて、ThinkForexを利用するという人もいると思いますが、ただ、このThinkForexにおいて、ボーナスを受け取るには注意が必要です。というおは、ボーナスを受け取るにあたってThinkForexは条件を設定しているためです。この条件というのは、最低入金額が2000ドル以上必要というものです。なので、入金から60日以内に取引条件を満たしていない場合には、口座から引かれてしまうことになります。

この点に注意をすれば、ThinkForexで、毎回入金額に対してのボーナスとして、10%を受け取ることができます。これは、うまく活用したいメリットとなります。そして、このThinkForexから得たボーナスは引出し可能です。ただ、この引き出しにあたっても、取引条件がありますので注意してください。

具体的にイメージしてみるならば、たとえば、2000ドル入金して、200ドルのボーナスを受け取れるということになります。ですが、これを実現させる条件として、400万通貨の取引量が必要になるのです。この条件を満たせるかどうか、事前に確認をしてから、進めるようにしましょう。取引のスタイルによっては、そう簡単に満たせるものではなかったりするためです。FXとはこのボーナスの使い方いかんによってこちらにでも転ぶ要素を持っている取引方法なのです。

ThinkForexのスプレッドについてみてみましょう。ThinkForexのスプレッドはUSD/JPY、EUR/USDで、目安1pipsですが、このレンジは、他の業者と比較したときに、そこまで目を引くものではありません。実際、ThinkForexはオーストラリアの業者ですので、ThinkForexでのAUD/JPY、AUD/USDのスプレッドの狭さを期待する面もありますが、実際のところ、そこまで、というものではありません。ただ、スプレッドがそこそこであることに加えて、ThinkForexの約定スピードについては、定評があるといっていいでしょう。

ThinkForexにおいて、メリットとして、スプレッドも悪くなく、約定スピードについてはよいといえます。実際プロモーションこそ多くは有りませんが、いい業者といっていいでしょう。というのも、オーバーオールで考えて、取引環境は決して悪くないといえるからです。これについては、実際の顧客のレスポンスからも見ることができます。顧客数からみて、満足度が高いことがうかがえるためです。