単純明快バイナリーオプション!


人気のある通貨



日本のFX投資家に最も人気のある通貨は、ドル/円です。これは、ドルが身近で情報も入手しやすいからです。

クロス円での取引は米ドル以外にもユーロ・ポンド等が行われていますが、スワップ狙いで豪ドルの取引が最も多く行われています。



giurere

豪ドル/円・豪ドル/米ドルの取引の大半は日本人投資家と言われています。そのため、世界経済では豪ドルが決して優位ではないのに、日本人の思惑だけで一人歩きしていることがあります。

これに気が付かないと思わぬ損をすることがあります。対策は、情報収集の範囲を広げて最新情報を適格に分別することです。


FXとバイナリーオプションの違い




giuyre FXもバイナリーオプションも、少ない資金ではじめられることや、スマートフォンなどで簡単に操作できること、24時間いつでも取り引きが行えることなどから、特に投資の初心者からも人気を得ている金融商品になります。

このどちらも、多くの場合は通貨を銘柄にしていて、外国為替市場の為替相場のレート変動を参考に取引を行うという似通った性質があるため、どちらの金融商品も扱っている取引業者もたくさんあります。

そのような事情から、同一視をされるFXとバイナリーオプションですが、実はその内容は全くと言っていい程の違いがあります。

まずはそれぞれの取引の内容と流れを見ていきましょう。
FXは異なる2つの通貨を一組のペアとして、為替レートの変動を利用し、その為替差益を求めていきます。
例えば、1ドル100円の為替相場があった場合、このドルを100万円で1万ドル買っておきます。そうして為替レートの変動を待ち、1ドル110円になったら、先ほどのドルを売って円に戻します。すると、110万円を手に入れることができるため、この差し引きの10万円が利益になる、という流れになっています。

ではバイナリーオプションの場合はどうでしょうか。バイナリーオプションは、現在の通貨の価格が、一定の時間経過後に、決められている価格よりも上になるか下になるか、、という事に対して予測を立てて投資をし、当たれば投資金額に応じた配当金が受取れ、外れれば投資した全金額が没収されるという流れになっています。

このように、投資の方法からして、FXとバイナリーオプションは全く違うものになっています。
どちらが良いか悪いか、というのは、それを選ぶ投資家の投資のスタイルや日々の生活にどう投資を組み込んでいくのかという所で変わってくるかと思いますが、大まかにしてそれぞれにこんな特徴があります。

FXは、通貨そのものの価値に投資を行っていく為に、為替レートの変動の大きさで、利益の大きさも損失の大きさも変わってきます。つまり、ハイリスクハイリターンであると言えるでしょう。
また、自分で新規注文を立てて、自分で決済注文を行うために、投資取引の事情がよくわかり、これによって損失を積極的に小さくしたり、利益をより大きくするなどのコントロールがきめ細かく行えます。

バイナリーオプションは、通貨がどう変化していくのかを予測していくだけですので、為替レートの変動が大きくても小さくても、それが利益や損失に影響することはありません。
投資を行った時から、最大の利益と損失が決まっているために、ローリスクローリターンと言えるでしょう。
注文のタイミングなどは計る必要はなく、取引業者が提示する銘柄の条件に、多くの場合はチケットという形で一口ずつの投資を行い、投資をしてしまえば、後は時間が経過して結果を待つだけのじょうたいになりますので、極めて簡単で分かりやすくなっています。

こうして比べると、FXの方がやや経験者向けであり、バイナリーオプションの方が初心者にもやさしい仕組みになっていることが分かります。
FX取引をたくさん行っている投資家の中には、バイナリーオプションは単純でつまらない、という評価もあるのですが、為替相場が乱れてFXではとても利益が出せない状況下でも、バイナリーオプションは為替レートに利損益が左右されないため、熟練の投資家の間ではリスク回避のためにバイナリーオプションを利用する人たちも大勢いるのです。

FXとバイナリーオプション、この二つを上手に使い分けていくことで利益を積み上げていくのが一番良い方法なのかもしれません。