単純明快バイナリーオプション!


人気のある通貨



日本のFX投資家に最も人気のある通貨は、ドル/円です。これは、ドルが身近で情報も入手しやすいからです。

クロス円での取引は米ドル以外にもユーロ・ポンド等が行われていますが、スワップ狙いで豪ドルの取引が最も多く行われています。



giurere

豪ドル/円・豪ドル/米ドルの取引の大半は日本人投資家と言われています。そのため、世界経済では豪ドルが決して優位ではないのに、日本人の思惑だけで一人歩きしていることがあります。

これに気が付かないと思わぬ損をすることがあります。対策は、情報収集の範囲を広げて最新情報を適格に分別することです。


バイナリーオプションの特徴と魅力




「BO」とは初心者にもオススメのバイナリーオプション情報を紹介しているサイトですが投資方法の一つです。FXなど他の投資に比べて様々な違いがあり、投資をやったことがない人、これから投資をはじめてみたい人にはうってつけのものだといえます。

一般的に投資というとどうしても利益やメリットというよりも、デメリットや損益が気になってしまうと思います。大損してしまって大変なことになったとか、投資に失敗したことで多額の借金を背負ってしまったといったマイナス要素の情報もはいってくることも多いですし、それによって恐怖を覚えてしまったり、投資に手を出すことを躊躇している人もいるかもしれません。

バイナリーオプションの特徴と魅力を簡単にいえば、まずリスクが決まっていることにあります。これは後ほど説明します。少額からはじめられて、比較的少ない時間で取引が出来て、ルールが単純でわかりやすく、深い知識などがなくても「運」だけで利益がでてしまうことにあります。

=====================================================
hiurere いわれなければ海外の業者とはわからないような日本語サイトを有するアイフォレックス。日本以外にも数十カ国でFXトレード提供の実績を持ち、海外業者ならではの柔軟なレバレッジや60種類以上から選んで取引できる通貨ペア、ユーザー目線からのカスタマイズが可能なトレードシステムなど、数々のアドバンテージのあるFX業者として、日本での人気もが安定して高いのが特徴です。

口座開設はわずか3分、もちろん日本語対応です。さらにクレジットカードでの入金なら即時反映なので、思い立ったらすぐにアカウントをつくり、口座へ入金、すぐにFX取引の世界へ、ということも可能です。

レバレッジについては、損失拡大の不安を一層する追証ゼロサービスを採用。急な相場の変動で価格が急落した場合でも、口座残高がマイナスになり、アイフォレックスから入金を求められるようなことはありません。いかなる時も証拠金残高は0でロスカットされます。


=====================================================
giuyrere ThinkForexは、オーストラリアに本拠地を構える海外FX業者です。日本のトレーダー向けのサービス提供歴はそこそこ長いものの、サポートの不安定さやレスポンスの遅さなど、海外業者を利用する場合に懸念されるデメリットが多く出てしまった形になり、信用を不安視されていた時期がありました。

ですが現在は当時のデメリットがほとんど改善されたといってもいい、非常に利用しやすく信頼性の高いFX業者となっています。特に注目すべき改善点は、入金にクレジットカードや電子送金の他、国内銀行への送金が加わったことでしょう。取引の透明性も高く、約定速度も最先端のインフラを備えて業界トップレベルを保っており、スプレッドの狭さも十分。人気のメタトレーダー4にも対応しているので、エキスパートアドバイザー導入によるシステムトレードも可能です。
=====================================================
biure 為替FX取引業者を選ぶ上で、もはや絶対条件ともいえるのが、取引の透明性が保たれているということでしょう。間にディーラーの手入る取引では、間で何が行なわれているかわからないという不透明感が生じます。それを解消する仕組みがノーディーリングデスク「NDD」というもので、間にディーラーが入らず、取引参加者同士で直接注文をマッチさせるECN、そこにカバー先を加えてマーケットの流動性を保つSTPといった方式が透明性の高い取引といえます。

ペッパーストーンも透明性の高いECN+STPを採用しています。間でブローカー操作が入らないということはスプレッドが大きいのでは?と思われるかもしれませんが、ペッパーストーンではスプレッドも業界最狭レベルを実現。特に人気の高いUSドル/日本円、ユーロ/日本円、ポンド/日本円等で徹底的な低スプレッドを保っているので、初心者トレーダーでも安心して取引ができます。
=====================================================
biye 「24オプション」は247ホールディングスグループ株式会社が運営しています。拠点はロンドン。バイナリーオプションの専門業者として世界中のトレーダーが利用しています。サービスの質の良さから高い支持を頂いています。取引商品をいうと、為替13種類、株式24種類、株価指数13種類、商品4種類をそろえています。初心者からプロまで、あらゆる層のトレーダーに人気なのは、サポート体制が充実しているからだといえましょう。電話、メール、ライブチャットの各種サポートがしっかりしているため、国内業者と比べてもそん色のない対応が得られます。特にライブチャットでのサポートはリアルタイムで受けられるため困ったときにとても頼りになります。

「24オプション」には、国内業者では取り扱っているところが極めて限られている「60セカンズ」があります。最低取引額は24ドル。これは割高に感じる方もいるかもしれませんが、レーディングツールの利用のしやすさがそれを補ってあまりあるのです。その便利さがうけて、現在多くの利用者を誇っています。
=====================================================
vuyeww豊富な種類の取引の他に、株価指数先物取引を扱っていることでも良く知られているのがXEマーケット(XM.com)です。通常、株式は証券取引所や店頭市場で取引を行うことになりますが、市場に出ている株式を全て把握するのは不可能に近いでしょう。

金融関係のサービス業者や専門機関、投資家のプロフェッショナルなどが、そんな難解な株式市場を把握するために利用するのが株価指数です。株価指数は、投資信託などのポートフォーリオを評価する時にも使われることがあります。株価指数先物は、個人の投資家だけでなく専門機関が投資することもあり、広範囲で多くのタイプのトレーダーに利用されているのも特徴です。
=====================================================



とりあえず簡単に説明しましたが、その内容をみていきましょう。

最も簡単な取引は、「円高」になるか「円安」になるかという「二択」で選ぶだけというシンプルさを極めたものになります。お金の価値、「相場」というものは、常に上下して動いています。ニュースなどを見ていると「1ドルは○○○円」ですという為替情報を聞いたことがあると思いますが、あれが相場です。相場とは外国の通貨と比べた時の価値であり、これが常に変動していて、現在と比べて「上がる」のか「下がる」のかを当てるだけというのがバイナリーオプションです。「円高」と「円安」についても少し説明しておきましょう。1ドルが現時点で100円であったとします。1ドルが90円になると、「円高」です。1ドルが110円になると、「円安」になります。

ここがわかりにくいかもしれませんが、数字の大小での表現ではなく、「円の価値」での高い低いということになります。1ドルのガムがあったとして、現時点では100円で買っていたものを、90円で買えることになれば、以前より少ない円で同じものを買えることになり、つまりは円の価値が高まったことを意味し、「円高」という表現になるわけです。

円高、円安の二択を「投資金だけ」で行うハイロー取引なので、。円高か円安か、予想が当たれば掛け金が増えて戻ってきますし、予想が外れても掛け金だけが失われるだけですので、余計な心配はいりません。

他の投資よりもリスク管理が容易なことも初心者向けである特徴です。「5分後」や「10分後」の円高、円安についてかけたりすることが基本ですが、取引業者によっては時間が違ったりします。

この二択方式以外にもバイナリーオプションには種類があるのですが、初心者はまずこの二択方式からはじめるといいと思います。「運」の要素もありますが、続けていくことで知識や情報も増えると思うので、「予想」ができるようになっていくと思います。

安いところでは50円から投資できるところもあり、時間の拘束も少なくて済むので働いている人はもちろん、時間がない人でも気軽に行える、自分のペースで自由にできる投資が「バイナリーオプション」です。

「投資」と「トレード」を使い分けることがより投資リスクを分散する上で非常に重要となってきます。

そもそも投資とトレードはどう違うのか、これは端的に申しますと長期スパンで行う売買が「投資」で短期スパンで売買を繰り返すのが「トレード」だと言えます。
具体的な取引例を挙げますと投資に属するのは「不動産」「保険」「債券」「株」、トレードに属するのは「為替」「株」といえます。
株は2つに属していますが、これは長期・短期のどちらの側面も持っているためです。

長期的な投資とは、銀行で貯金を行うようなものですぐに引き出せない定期預金と考えてください。
例えば国民年金は年金機構にお金を支払い続け、年金を受け取れる年齢に達した時点から支払い額に応じて何%か金利がついた総額を月々に分けてぺイバックされます。
これは任意のタイミングでもらうことは出来ません。医療保険で投資的要素がついている商品などは満期まで支払い続ければほぼ確実に利益が出ますが、途中解約すると元金割れが起こり損をする場合がほとんどです。

長期的投資は他にも国債など将来の利益が安定している分、利益幅が狭くローリスクローリターンなものが多いといえるでしょう。
将来の利益をイメージしやすい反面、大きな利益を出すには多額の投資が必要となってきます。

次に短期的な投資ですが、これは長期に比べると投機的でややギャンブル的要素の強いものだと考えてください。
代表的なものは為替つまりFXのことですが、口座さえ作ることが出来れば誰でも少額から参加できます。

取引可能時間内であれば任意のタイミングで投資を行え、任意のタイミングで差益分を受け取ることが可能です。
投資知識のない初心者の方がリスク対策を行わないで売買すれば当然ハイリスクハイリターンです。
少額で行えることや為替は特に売買自体が簡単に行え差益の幅も大きい反面、損の幅も当然大きくなり売買を短期に繰り返すことで元金の変動も早いです。

それではどのような投資方法がよいかということですが、どちらも上手に使い分けることが大事です。
まずは現在持っている資産を4つに分けましょう、「生活用」「貯金用」「長期投資用」「短期投資用」の4つです。

安定的に資産を増やしたい方は長期投資の比率を上げ、逆に大きく資産を増やしたい方は短期投資の比率が上げると良いと思われます。
もちろんですが生活用のお金が第一で、これを一切投資に回してはいけません。
あくまで投資は銀行よりは利益率のいい貯金程度に考えるべきで、ギャンブルとして行うものではないからです。

そのため、投資知識のない初心者の方は短期的な投資はおススメできません。
個人的にはまず銀行などで販売している投資商品や投資的要素を少し持った保険商品などから始められるのが良いと思われます。
プロが売買を行うので、手数料は取られますが安心して任せておけますし、そういった商品から始めることで自然と知識もついてくるのではないかと思います。